■プレーリードッグのキーケース

プレーリードッグ( 学名: Cynomys ludovicianus   )
ネズミ目 リス科  プレーリードッグ 属
英名 prairie dog

北アメリカ中部の短い草が生える草原をプレーリーといい、
そこから名前が付いたそう。

地中に広さ数十キロメートル四方にも及ぶトンネルを掘り、
数万個体からなる大群ですみ、巨大な大都市をつくる。

巣穴の出入口には掘り出された土が盛り土のように
なっていて、プレーリードッグはこの上に座り、
立ち姿で見張りをしています。

緊張感のあるであろう見張り番を
キーケースに仕立てましたが……
出来上がった子、緊張感がイマイチない

ベランダのユーフォルビアを小脇に挟んだら
緊張感どころかもしやの癒し系に……(;^_^A

仲間がいたらついついくっついちゃう
プレーリードッグ
中にリングが一つ ついています。

■ウサギは可愛いに決まってる   あとこれからの予定と

少し大きめのウサギさんのバッグです。
久しぶりの制作です。
ベージュのウサギさん。
撮影にお外に連れ出しました。 グリーンの背景によくなじんで
思いっきり走りたいよ~って言ってるみたい。

いえいえ、君は私のそばにいてくださいね。( ´艸`)
座って膝の上に置いてると 飼い主さんと仲良く座って
いるようで、可愛さ倍増なのですが、
小さなお子さんに声をかけられるかもね。
そんなハッピーなハプニングも一緒に楽しんでいただきたいなぁ。
6月に2件入っている今後のイベントの予定が確定できず、
皆様にお知らせするタイミングを計りかねております。

●6月12日(土) アートマチミュージアム
に出展予定なのですが、今の状況が長引けば延期の可能性もあります。

● 6月26日(土)・6月27日(日) クリエイターズマーケット
こちらもどうでしょう。 名古屋も緊急事態宣言下にありますので
判断を待っているところです。

昨年度より、厳しい状況になっていますよね。( ;∀;)
モノづくりをされている方、皆さんに共通だと思いますが
発表の場が失われ、羽をもがれた状態。
心がふわっと温かくなるようなモノづくりを
ちゃんと続けていかなきゃ!! (と自分を鼓舞する)

私が制作するものって、絶対的に必要不可欠なものではないし
なくても困らないものたち。
だけど歌に救われることがあるように、
私の作品が誰かの心を少しだけあったかくしたり
少しだけ豊かな気持ちにしてくれるんだとしたら、
そして
こんな私でも誰かに元気玉をお分けすることができるのなら
作ることをこれからも大事にしていきたいなぁ、
と思う今日この頃。

………、

頑張ろ!



今日は朝から久しぶりの大雨。
ふと視線を感じて外を見ると、
まっすぐ視線を向けてくるバル子ちゃん。
この子だけはカメラを向けても逃げない不思議な子。
いつも頑張ってるからバル子ちゃん。
今日もお顔を見せてくれてありがとね。

バルちゃんもがんばってるから……わたしも。
さて制作にとりかかろうか!

■カイツブリの親子 ICカードケース

カイツブリ ( 学名: Tachybaptus ruficollis  )
カイツブリ目  カイツブリ科  カイツブリ属
英名 Little grebe

カイツブリは滋賀県の県鳥です。
琵琶湖は古くからカイツブリの本種や亜種が多く暮らしていたようです。
万葉集にもカイツブリが登場するそうです。
現在ではレッドリスト指定なので、希少種には違いないです。

カイツブリ目  カイツブリ科  カイツブリ属 ってのがまずすごくないですか!
カイツブリはカイツブリ。他のどの種にもない特異性があるってことです。
最近の研究では、 フラミンゴ科に近い と言われています。

おんぶ育雛するのもカイツブリの特性です。
ヒナは親の背中が大好き!
2羽も3羽も親の背中に乗ってるカイツブリボートに出会いたい!
けど、人見知りさんが多い種なので
人間が近づきすぎることはカイツブリにとっては
生きる場所が減ってしまうことになりかねませんね。

水性植物を集め、プカプカ浮かぶ浮巣を作り子育てします。
昔、公園の橋げたに作られた浮巣を見たことありますが
台風被害などで、崩壊することもあるので、
厳しい環境の中で懸命に暮らす彼らの
応援隊ではありたいと 思います。

ヒナが可愛すぎて思わず力みすぎ
リアルの方向に行き過ぎてしまい、反省。
結果、シンプルな方向に戻し、やりなおし。
お母ちゃんカイツブリと、
相性のよいお顔になりました。

■ZOOM在廊がかなり使える件!

今回のグループ展では、ZOOM在廊なる新たな試みをしています。
やってみて 『これ、かなり使えるのでは 』 と感想をもちました。
今回のようなコロナ禍中、リスク回避のため在廊が難しかったり、
遠方から参加しているため、遠征が難しい作家さんには
取り入れたら新たな世界が拡がりそうな予感です。
画像のようにギャラリーのパソコンに作家名を書いたボードを
貼り付けておきます。
この画像では私『海月羊』とタナベサオリさんが
ZOOM 在廊中 です。

『ZOOMで在廊中』の表示をつけていただいているので
とても解りやすいですね。


待機中の自分の画面上の表示はこんな感じ。
ZOOM用の背景を用意しました。

自分はいつでも画面に出れるよう待機しておきます。
自分側のPCのカメラにポストイット等を張る
もしくは何か紙を当てておくなどの
目隠しをしておけば 顔が映らず背景のみの画面表示になります。
待機中は顔出しせず、 マイクオフにして待機。
お呼びがかかれば目隠しをとり画面に出ます。

対応できる時間をあらかじめ決めておいてもいいですね。
より時間を効率的に使えるかもしれません。

私の場合ですが ギャラリーOPEN中は
いつでもお客様対応できるように制作作業しつつ
待機してしていました。

自宅PCからは このようにギャラリーが見えています。
お客様の様子もわかりますし、臨場感もそれなりに。
お客様にお伝えしたいこともその場ですぐ対応できます。
逆にお客様が作家に聞きたいことがあれば
すぐお話して対応できるので電話連絡、メール連絡等の
ギャラリー様のご負担が減りますよね。
とにかく時短、速攻解決です。

諸事情により在廊できない作家も
ギャラリーの雰囲気をリアルタイムで知ることができますし
理解も深まり、アイディアの種も収穫できそうです。
全くのお任せではなく、参加型のグループ展を
やりたいなぁと考える方は
ZOOM在廊、いいかもしれません。
タナベサオリさん、
在廊中にライブペイントをされました。
カメラで手元を映しつつ描かれました。
このようにして、丁寧に筆を運んで描かれている様子を
見させていただいて、彼女の作品の一つ一つに
愛情がムクムクと湧いてきました。

複数人でビデオ通話を すると 意図せずに スピーカーに
画面が切り替わるので
その場合は『ビデオ固定(ピン留め) 』 するとよいようです。
詳しくはこちらのサイトへ。(タナベさんに教えていただきました)

ギャラリーに大きな画面を用意できたら理想的ですね。
イラストレーターさんのライブペイントが見れる上に
お話も出来て楽しさも拡がります。

イラストに限らず各ジャンルの工房とギャラリーを繋ぎ
制作風景を見ていただくということも出来そうです。
さてグループ展『自由時間』も中盤を過ぎました。
●こまつか苗さん(陶)
●タナベサオリさん(イラスト)
●にっちもさん(イラスト)
●海月羊(フェルト)

甲子園近くのギャラリーアライさん http://gallery-arai.com にて
3月18日(木)から23日(火)まで。

期間限定の通販もありますよ。↓をクリック!
ギャラリーアライの通販

■3月17日~搬入の風景イラスト・ウェットフェルト・陶4人展



イラスト・ウェットフェルト・陶4人展「自由時間」。
本日18日(木)よりスタートいたします。
3月17日 の搬入の様子 が動画になりました。
4人の自己紹介、作品紹介なども撮影いたしました。
相当のユルユル感がご覧いただけます。

動画編集などがお得意なタナベさん、
動画を撮ってくださったにっちもさん。
トータルプロデュースをしていただいたこまつかさん。
はて?私は皆のお役に立てているのか!?


楽しんで参加してる!!!


それぞれが自分のお得意分野を発揮して
一人ではできないことを、チャレンジしています。
それがグループ展のいいところ。
ご興味のある方、ご覧いただけたら嬉しいです。


●こまつか苗さん(陶)
●タナベサオリさん(イラスト)
●にっちもさん(イラスト)
●海月羊(フェルト)

甲子園近くのギャラリーアライさん http://gallery-arai.com にて
3月18日(木)から23日(火)まで。