■ツバメのねぐら入りと腹ペコバッグ

今年もツバメたちの営巣を見守り、私の燕シーズンは
フィナーレを迎えようとしています。
ツバメたちの育雛もピークを越えて、巣立った雛たちは
生きるための過酷な渡りの準備に勤しんでいます。

ツバメのねぐら入りの場所として有名な
平城宮跡の葦原に行きました。
青 あお 碧 いろんな青の美しい葦原………
すがすがしいです。
平城宮跡の警備員さんにアドバイスをいただいて
見定めた場所が 『本日のねぐら 』 ではなかったようで
(;^_^A(;^_^A(;^_^A
もはやコウモリ軍団の乱舞を楽しむ、
という結果に終わりました。

ねぐらポイントがいくつかあるようです
日没時間まで粘りましたが、
こちらの場所はまたリベンジすることにいたします。

そして、先日 平城宮ではない別の場所にて 
ねぐら入りの観察に行ってきました。
19時前になると、突然凄い数の燕たちがやってきました。
それはもう圧巻です。
数えきれないほどの燕たちがそれぞれ自分の場所を
見つけて 葦にとまっていきます。
19時15分ごろ 賑やかなさえずりは聞こえますが
飛んでいる燕はいなくなりました。
今日の楽しかったこと、反省点など? (*´∀`*)
みんなでミーティングしているようでした。

そして、『燕さんありがとう 』  の気持ちを込めて
ママンの帰りをひたすら待っている
腹ペコたちのバッグを制作しました。
雛たちは実はちょっとしたモノを入れることのできる
ポケットになっています。
スマホとお財布を入れたらちょうどよい
ちょっとそこまでお出かけバッグ。
9月のイベントに持っていく予定です。
詳しいスケジュールはまたお知らせいたしますね。

■お直し案件~トキバッグと癒しのコッコ

ご自身で洗ったトキの縦長バッグ。
洗ってみたものの上手く形が決まらないという御相談がありました。
一旦お預かりすることにしました。
画像を撮り忘れたので洗う前の状態をお見せできませんが……(;^_^A
早々にバケツに水を張り、液体洗剤を入れて
しばらくつけ置きです。

頭のヒラヒラ冠羽もあり、お洗濯しづらかったかもしれませんね。
これは三度すすいだ後の画像になります。
致命的な汚れもなく、目立つ汚れは取れましたので
タオルドライにてしっかり水気をとります。
形を整えて、スチームアイロンをかけます。

そしてそのまま日陰干し。

美しい立ち姿のトキバッグ。健在!!
これでまた、飼い主様と仲良くご一緒させていただけそうです。
胸を張って帰りなさい。
よかったねトキくん。

8月に入り、暑い日が続いていますが
皆様、どうぞ熱中症には十分お気をつけください。
本日大阪は38℃予想だそうです
(;^_^A(;^_^A(;^_^A



さて、先日この子達に合うため the Farm UNIVERSAL さんに
行ってきました。
植物園のような園芸屋さんなんですが、ヤギ、ウサギに加わって
コッコさんも仲間入りしたそうで ご挨拶に。
生後40日の中雛さんです。とにかく可愛いです。
立派な足裏の肉感ったら。 ٩(๑> ₃ <)۶♥
あったかくて弾力のある足を愛でる私。

この子達 絶えずヨピヨ言ってます。( ´∀` )
出来るもんなら飼いたいっっ! 
と目をハートにしつつ抱っこさせてもらいました。
暑さをしのぐため、日陰でくつろいでいた雛ちゃん。



併設のカフェにて ブルーベリーのパフェをいただきました。
暑い中、しばしの癒しタイム。
ヤバい。これはヤバい。
ムースやかき氷などのいろんな形のブルーベリーが
これでもかと幾層にも詰め込まれたヤバいパフェ。

大満足で家路へ。

■クロエリセイタカシギのポシェットとArtMACHI Museum21のお知らせ

クロエリセイタカシギ
( 学名:  Himantopus mexicanus
チドリ目  セイタカシギ 科  セイタカシギ 属
英名   Black-necked Stilt

葦や水草の茂った川辺や湖のほとりに生息しています。
細くのびた黒いくちばしと
ピンクの細長い足(あし)が特徴的です。

クロエリセイタカシギは北米から南米の北部、
西インド諸島が原産の外来種です。
日本のセイタカシギとは、頭から首のうしろが
黒色(クロエリ)なところが違います。

細くて長いくちばしを沼に突っ込んで
カニやエビを探します。

体に対しての足のバランスがなが~~~~~い!
なんといっても足が素敵なセイタカシギさん。
使いやすい大きさのポシェットになりました。
スマホとお財布を入れてちょうどよい大きさです。


【ArtMACHI Museum21】
7/17(土),18日(日) 11:00-18:00
梅田スカイビル タワーウェスト36F
http://artmachi.ranbu-hp.com

両日ともに参加いたします。
見晴らしのよい 梅田スカイビル の36階。
ゆとりのブース配置で
皆様のお越しをお待ちしております。

■エボシカメレオンのポーチ(グリーン)

エボシカメレオン( 学名: Chamaeleo calyptratus   )
有鱗目 カメレオン科  カメレオン 属
英名  veiled chameleon

イエメン、サウジアラビア南部の高地にある温暖な森林に生息。
カメレオンとしては珍しく植物の葉や果実も食べる。
オスの頭部が上方へ高く伸び「烏帽子」
に見えることが名前の由来となった。
~ニフレルの生き物図鑑より


このポーチはエボシカメレオンの雄になります。
以前にも何度か作っているけれど
今回はカメレオンらしくよりカラフルに
制作しました。
感情によって色変わりするそうですが
この子はどんな喜怒哀楽のどれなんだろ。

飼い主さんの気持ちに
寄り添ってくれそうではあります
お外に連れ出して撮影~
ラフな岩にベストマッチング
クルクル巻いた尾っぽから~

このカメレオンさん、イベントに
連れていきますよ~
↓ ↓ ↓

クリエイターズマーケットv44に出展いたします。
日時  6月26日(土)27日(日)
場所 ポートメッセなごや2号館
ブースナンバー  2-19

ArtMACHIMuseum21 に出展いたします。
日時   7/17(土)   11:00-18:00
場所  梅田スカイビル36F

■黒ウサギも可愛いに決まってる~   あとこれからの予定と

少し大きめのウサギさんのバッグです。
この間ベージュのウサギさんをご紹介しました
その子とほぼ同じ大きさの黒ウサギバージョンです。
クロちゃんも可愛い \( ˆoˆ )/
座って膝の上に置いてると 飼い主さんと仲良く座って
いるようで、可愛さ倍増!
一緒に毎日の生活を何倍も楽しんで過ごしていただきたいです。
小脇に抱える (ノ*>∀<)ノ

このウサギさんはイベントに
連れていきますよ~
↓ ↓ ↓

そして、これから出展するイベントをお知らせいたします。
クリエイターズマーケットv44に出展いたします。
日時  6月26日(土)27日(日)
場所 ポートメッセなごや2号館
ブースナンバー  2-19

ArtMACHIMuseum21 に出展いたします。
日時   7/17(土)   11:00-18:00
場所  梅田スカイビル36F